リスト・ウォーマー

09 17, 2015
wrist warmers, color no.3 no.41

久々に集中!して頑張りました。
「いとあみ」では定番商品のリスト・ウォーマーだから、目新しさはそんなないですけど^^
レギュラーサイズとロングサイズです。
ロングサイズは縄編みの縄?が一個多いんです。
金額も100円プラスとなります。
縄の個数で金額決めようかしら・・・
長くなると今度は腕のサイズが関係してくるので、長いのを編むならその辺も考えないといけないですね。

wrist warmers, color no.3 no.41

今朝、明け方に綴じの作業をやったんですが、目がショボショボしてて終わった時は軽く魂抜けてました(笑)
今回は集中してやれるのが夜間~明け方だったので目のショボショボくらいどうってことないんですよ^^


wrist warmers, color no.3 no.41

オサレ風に・・・
よく見ると突っ込みどころの多いコーディネートだったりしますが、これがオシャレなの!と言い切ってしまえば大丈夫^^


スポンサーサイト

コットン布を編んでみた

04 25, 2015
tiny sweater made with cotton fabric

ちょっとイミフなタイトル
正式には「コットン布の横糸を編んでみた」です。
でもくどいタイトルは粋じゃないから(笑)

今回、嫌いじゃないのに持て余してる布を使ってみました。
ほんのり模様がついてかわいいですよ。

この布の横糸・縦糸を全部編むとしたら、かなりの量が編めますよ。
これから布を選ぶ際には、単純に色や柄とかではなく編み糸としてどうかみたいな、とにかく新しい世界が待ってる訳ですよ。


tiny sweater made with cotton fabric

一人で地味~に興奮♪
あは


ミニチュア達

04 02, 2015
miniatures

マクロレンズだからミニチュア撮らなきゃだめでしょってことで今回は小さいものシリーズ。
グリーンのセーターは約0.7cmのマイクロミニチュアセーター

a new micro mini sweater

このセーターと同じものです。


確かにマクロレンズは寄れます。
こんな小さなセーターでも、もっと大きく写せるんです。
これでミニチュアライフが楽しくなるぞ!と期待に胸膨らませつつも、いくつか問題がございましてね・・・。

ミシン糸は結構ケバケバがすごいんですよね。
ちゃんとケバケバはカットしているんです。
肉眼では気にならない状態に仕上げても接写だと目立つのですよ。

後ね、小さいのをアップで写すと迫力が出て背景とかいらないかなって思ってました。
でもね、マイクロミニチュアセーターをドアップで撮っても画面がスカスカなんですよ。
「あら、楽できないわ」みたいな(笑)



miniatures

ミニチュアトルソーの布目までくっきり!


miniatures

ミニチュアセーターは同じように編んでも仕上がりは一点一点微妙に違います。
このグリーンのセーターは形が一番気に入ってて、他のを編むときのガイドライン的な役割を持ってます。
それでも同じに作れる確率は低いんですが。


poppy parker

最後はパツキンのポピー・パーカーで華を添えて・・・




ミニトルソー用 手編みのカーディガン

02 26, 2015
long cardigan for miniature mannequin

昨日赤いセーターで更新したのですが、内容が今回のカーディガンで考えが変わりそうだったので(昨日の更新分は)消しました。
今回まとめて書ければいいなぁと思いながらパソコンに向かってます。

セーターは編むのが楽だし、着せた後のきちっとした感じは捨てがたいのですが、このトルソーだとコツが要ります。
中身が発砲スチロールのビーズや綿なので、着せ替えていると中身がどうしても動くんですよね。
その度に形を整えてあげなくちゃいけない。
整えると言っても胸が潰れる程度だから指でつまんであげれば直るんですが、力加減とかそういうのを私以上に理解できる人はいないだろうと思うんです。
大半の人は壊れたらどうしようって恐る恐る扱って、結局何だかなぁみたいなことになるんじゃないかと思うんです。
そういうのは嫌なんですよね。
だからと言って樹脂粘土とかでトルソーを作るのはちょっと違うんです。
そもそもこのトルソーに服を着せたいって求めてないんじゃないかと・・・

でも私は着せたい。

カーディガンなら私の持ってる不安をある程度はクリアできるんじゃないかということで、昨日急いでこのカーディガンを編みました。
やっぱりカーディガンなら着せる時のトルソーへの負担が少なくて済みます。
ゼロではないですけど。
首と肩が直線な分、綺麗に見せるには「整える」作業が必要です。
リアルでも鏡の前で服を整えるでしょ?イメージ的にはあんな感じのことです。

long cardigan for miniature mannequin

余り糸で編んだから配色が個性的なんですよ。
そんなことは隠して「レトロ」って言っちゃえばいいよね!

long cardigan for miniature mannequin

バービーもこんな素敵に着こなしてるし!

long cardigan for miniature mannequin

ウエストをシェイプしてるから、リアルな服っぽく見えますよ^^


hand knitted sweater for miniature mannequin

大きさはこのくらい。

こういうのをたくさん並べて「トルソーがやたらいっぱいの洋服屋」を作りたいですね(笑)
ただ昨日は疲れが溜まってたところに根を詰めて編み物したので、袖付けの辺りで吐き気してました^^
肉体的には超つらいんだけど、このシリーズ作るのがすごい楽しいの。
おかしいよね~^^




ミニチュアトルソー用セーター(手編み)

02 23, 2015
hand knitted sweater for miniature mannequin

今日はミニトルソー用のセーターを編んでました。
まだ試作段階で、肩や襟ぐりのラインの修正が必要です。
ウエストももう少しスッキリさせたいですね。

hand knitted sweater for miniature mannequin

頑張って袖も付けました。編み物の場合は付けるより編む方が大変ですね。
この袖の編み図も適当に編んだらそれなりに上手くいっただけなんです。
セーター全体の修正をしながら、「トルソーの肩がこれでいいのか」を合わせて考えたいと思ってます。
最終的にはカーディガンにする予定です。
着せ替えが簡単だからって理由だけなんですけど。
デザイン的にセーターが良いものはセーターで編むつもりです。

編み物の腕は落ちてないゼ!^^

リンク
category
Flickr
bnkiti.itoami. Get yours at bighugelabs.com
Twitter
archives
Comments
profile

bnkiti

Author:bnkiti
「糸」でブライスやプチブライス、バービー、ファッションロイヤリティ、Misaki、momokoの服を作ってます。ときどきミニチュアトルソー作ったり彫刻したり、ミニチュアサイズなら結構手広くやってます。